臨床検査とは
見た目では分からないものを発見し、調べます。

血液や尿に含まれるものを分析したり、細胞を調べたり、
病原菌を探したり、心臓の動きを見たり、生体機能を調べたり・・・etc

身体の状態、病気の診断・治療経過などの判断をするための情報を提供します。

臨床検査

・臨床検査技師とは

法律で認められている国家資格者です。
法律で定められた各検査を医師の指示の下で実施します。

・当院では国家資格の他に「超音波検査士」「脳波技術士」「緊急検査士」「臨床病理技術士・循環生理学」の
 認定資格を持った技師が業務にあたっています。

検体検査:

血液や排泄物などを材料として調べます

・血液学的検査

白血球や赤血球の数、状態、血液が固まる仕組みを調べる。

・生化学的検査

血液中に含まれる成分(糖、コレステロール等)を分析する。

・細菌検査

細菌やウイルスの分離、同定など。

・その他、血液中の薬物濃度など etc

生理学的検査:

患者様に直接接し生体現象などを見ます

・心電図検査

・脳波検査

・超音波検査

・呼吸機能検査(肺活量など)

・聴覚検査

・神経、筋機能検査

・睡眠に関する検査 etc

検査科の基本方針

・信頼性のある臨床検査の提供と管理

・患者様の尊重

・チーム医療への貢献

・専門知識と技術の向上に勉める


精神症状の為に身体管理が悪くなっている場合があります、精神科だからこそ客観的な身体データが必要で重要です。
治療の為には血液中の最適な薬の濃度が必要です、また定期的に肝機能、腎機能、心臓の状態を調べる事でより良い生活を送る事が出来ます。当検査科では外部精度管理にも参加し、検査データの信頼性を保ち、院内各科と連携して患者様の利益になる事を実行していきます。